2011年05月27日

仕事マインドとビジネス・マインド


仕事マインドは被害者のマインドで、
ビジネスマインドは世界を変えるマインドでです。


仕事マインドの人は、
努力に焦点を当てる。


ビジネス・マインドの人は、
結果に焦点を当てる。


仕事マインドの人は環境に焦点を当てる。


フランクリン・コヴィー社、
世界各国の中で、
フランクリン・コヴィー・コリアが
前年比68%アップというダントツの結果を出した年がありました。


その年、
韓国経済は最悪の状況でした。


フランクリン・コヴィー・コリアの社長は、
当然ですがビジネス・マインドの人でした。


その最悪の経済環境を逆手にとって、
最高の結果を出したのです。


規制でがんじがらめの業界、
参入障壁が高ければ高いほどビジネスチャンス。


ビジネスチャンスと言うのは面倒くさいところにあると、
ジェームス・スキナーは言います。


参入障壁がべらぼうに高い規制をかけられたビジネスなら、
ひとたび認可を取ってしまえばライバルの存在しない市場を
手に入れることができるというわけです。


これは、
個人の仕事についても言えることで、
このような面倒くさいことにチャレンジするビジネスマインドこそ、
一歩抜きん出るのに必要だということです。

詳細はこちら…
>>ジェームスのクローズド・ミーティング





posted by トラぞう at 17:53| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。