2007年06月06日

アメブロで読者を増やす

 『日本最大級のアメブロを攻略して稼ぎに結びつける方法』
 http://qrl.jp/?264494

あなたのメールボックスに直接お届け。まぐまぐメールマガジン
『ネットマーケティング勉強部屋』⇒ http://www.mag2.com/m/0000209058.htm
==============================================================

         ネットマーケティングの勉強部屋
         http://infomarket21.seesaa.net/         
             【164号】

   前号 まぐまぐ46部 まがまが177部 計223部 発行

                              2007. 6. 6
==============================================================

  こんにちは! ネットマーケティング実践中のトラぞうです。♪

  初心者のための、ネットマーケティング研究室から、実践し
  ながら役に立つ情報を提供していきます。♪

  このメルマガは、無料レポートのダウンロードに購読を条件付け
  られた場合も配信されます。覚えの無い方は以下のフォームから
  解除して下さい。(まぐまぐの解除は巻末にあります)
  http://www.maga2.com/m/0000100213.html

  バックナンバーはブログでも紹介しています。

--------------------(もくじ)---------------------------

  ●アメブロで読者を増やす

  ○トラぞうの無料レポート

  ○ついに誕生!稼げる機能付き無料ブログサービス!徹底図解

  ○再販権利

  ●編集後記

--------------------------------------------------------
●アメブロで読者を増やす


 トップページから、タイトルの下のジャンルをクリックします。
 選んだジャンルタイトルをクリック。

 ここから順番に読者登録していきます。じっくり読んで、読者登
 録していきましょう。そうすることで、交流も生まれます。

 ここでの目的は読者増加です。

 ですから、如何に効率よくコメントを書くかも重要です。ある程
 度パターンを決めてコピペしながら、少しは、読んでそのブログ
 に合わせたコメントを書くというのが、一番いい方法でしょう。

 アクセスしたブログの”読者になる”ボタンをクリックします。

 つくった文章を1位から順番に読者登録に貼り付けます。

 もちろん、全部読んでコメントするのが正しいやり方です。その
 辺は、あなたのスタンスで読者増をどの程度優先するかで判断し
 てください。

 自動ツールの使用を防ぐために、イメージ画像から数字を読んで
 打ち込むようになっています。そこに数字を入れて、”送信する”
 をクリックします。

 これで読者登録が完了です。

 相手も訪問して気に入ってくれれば、あなたのブログも読者登録
 してくれるでしょう。

 ランキングの上位者に登録してもらえれば、そこから他の人が遊
 びに来てくれる可能性があります。

 さらに登録してもらえるかもしれません。


 アメブロには、一記事の最後に”コメント””トラックバック”
 ”ぺたを残す”というコミュニツールがあります。

 アメブロ同士だと簡単に訪問できるため、お返しのコメントが来
 ます。トラックバックも関連記事ならOKです。

 全く関係ない記事へのトラックバックは、スパムになりますから
 止めましょう。

 アメブロでは、禁止IP設定ができまから、嫌われないようにし
 ましょうね。

 ”ぺたを残す”とは、足跡帳のことです。簡単に訪問を知らせる
 ことができますから、時間のないときは”ぺタ”を残すだけでも
 OKでしょう。

 自分のトップページの真ん中の下は、訪問者のブログや自分がコ
 メントしたブログ・訪問したブログが表示されますから便利です。



 日本最大級のブログサイト☆アメブロを攻略して稼ぎにつなげる
 方法をレクチャーしている無料レポートです。↓↓↓
                   http://qrl.jp/?264494

 『日本最大級のアメブロを攻略して稼ぎに結びつける方法』
 http://qrl.jp/?264494

--------------------------------------------------------
<トラぞうの無料レポート>

あなたならではのキラー・セールスレターのコンセプト
http://tinyurl.com/2x7q98

ネットビジネスショートショート〜アリ地獄からの生還〜
http://tinyurl.com/2abh75

あなたならではの商品アイデアのアプローチ 〜桃井虎三からの手紙〜
http://tinyurl.com/ywchg6

ピンボケ・マーケッター 〜桃井虎三からの手紙〜
http://tinyurl.com/2elp8e

自動収益システム 〜桃井虎三からの手紙〜
http://tinyurl.com/22nsch

--------------------------------------------------------

どこどこのブログはヤバイとか、アフィリエイターにとっては心配
な情報が飛び交っていますが、マグログという安心してアフィリで
きるブログサービスが誕生したようです。

『ついに誕生!稼げる機能付き無料ブログサービス!徹底図解』
 ⇒ http://tinyurl.com/37scqx

--------------------------------------------------------

○再販権利

 再販権利といっても、まだ ピンと来ない方が多いのではないの
 でしょうか?

 例えば国内でパソコンソフトを買うと 殆どがパソコン一台につ
 き一つのライセンス(使用権)が設定されています。

 基本的に、ソフトを誰かに貸したりコピーしたりすると 違法行
 為になります。

 どんなに高額なものであろうと、それは変わりません。ソフトを
 開発するのには莫大な費用がかかっているからです。

 プログラミングに知識があるならともかく 一般人にはソフトを
 つくることはできません。

 ソフトを使いこなす事すら、マニュアルにくびっぴきで、やっと
 何とか使えるという人が多いはずです。

 しかし、常にネットの先を行くアメリカなどでは、販売する権利、
 つまり再販権利を付けて販売するのが主流となっています。

 この傾向は日本でも起こりはじめ、いずれ定着すると思われます。

 マスターリセールライト(再販権利)を取得すると、特別な決ま
 りが無ければ、好きな価格で販売できます。手数料とかロイヤリ
 ティのようなものもかかりません。

 ソフトを販売した分だけの利益は、全て自分のものにする事がで
 きます。

 これを、マーケティングに応用した商材があります。

『自動収益システムの構築』↓↓↓
 ⇒ http://park7.wakwak.com/~ukiuki21/contents38.htm
--------------------------------------------------------
無料レポート配信スタンド
『スゴワザ』↓↓↓
http://www.sugowaza.jp/?afkey=5152_0ce
--------------------------------------------------------
●編集後記

 CNETJAPANによると、ニフティが無料で使えるメールサ
 ービスをはじめたようです。これは6月4日にニフティが発表し
 たもので、従来、@niftyの接続サービスのユーザーに対して提供
 していた「@niftyメール」を、誰でも無料で使える大容量・無期
 限保存のメールサービスとして提供開始したとのこと。今回新た
 に提供する無料メールは、接続サービスユーザー以外であっても、
 無料の登録サービス(PLEASY)に申し込むだけで、「好きな文字
 列@nifmail.jp」のメールアドレスが発行され、@niftyメールの
 サービスを利用できるようになるそうです。携帯電話からでもメ
 ールアドレスの取得が可能とか。ちょっと面白そうです。

 ではまた明日。

--------------------------------------------------------

兄弟ブログ

自分探しの心の旅
http://plaza.rakuten.co.jp/ukiuki21/
スポーツ救急箱
http://blog.livedoor.jp/pinktiger21/?blog_id=383450
カラオケ大好き
http://ameblo.jp/ukiukiwakwak21/

兄弟メルマガ

自分探しの心の旅
http://www.mag2.com/m/0000127756.html
スポーツ救急箱
http://www.mag2.com/m/0000181098.html
カラオケ大好き
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/204/p/1/

posted by トラぞう at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。